ホテル業界用語集

ホテル・旅館業界でよく使用される専門用語集。

 

ADR(平均客室単価)

ADR(Average Daily Rate:平均客室単価)とは、観光・旅行・ホテル・レストランを始めとするホスピタリティ業界で広く利用されている、1日当たりの平均宿泊金額を示す指標。

続きはこちら

 

OCC(客室稼働率)

Occupancy rate、稼働率とは、ホテルやビル、地域などの利用率を示す数値のこと。 宿泊事業でよく使われるのは客室稼働率で、ホテルなどの客室稼働率は実際に利用された客室数を販売可能なすべての客室数で割って算出する(計算式は次の通り)。

稼働率 = 利用された客室数 ÷ 販売可能な全客室数

続きはこちら

 

RevPAR(販売可能な客室1室あたりの収益)

RevPARとは「Revenue per available room」の略語で、「販売可能な客室1室あたりの収益」を意味し、一般的にホテル業界などの財務パフォーマンスを計る指標として使われる専門用語。

客室価格やその稼働率から換算するもので、経営状態を判断するための重要な基準の1つと考えられている。

続きはこちら

 

レベニューマネジメント/ダイナミックプライシング

・レベニューマネジメント(Revenue Management:収益管理)

・ダイナミックプライシング(Dynamic Pricing:価格変動制)

従来、レベニューマネージャーが属人的な勘や経験値に基づいて、需要を予測し決定していた価格設定をビックデータやAI、機械学習処理の活用により、より効率的かつ高い精度で戦略的に実施することが可能となってきている。

続きはこちら

 

民泊影響稼働率

ホテルなどの宿泊施設の稼働率が民泊により受けた影響の指標「民泊影響稼働率」

続きはこちら